読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

etoile brillante

2017.3.21 記事(番組観覧の件)追加&概要に追記 3.22(お知らせ)追加いたしました。

シッコクのオニ ~ 最高はひとつじゃない2014 ~

最後の更新より間がだいぶ空いてしまいました。今回は「KREVAの新しい音楽劇 最高はひとつじゃない2014」での程嶋しづマさんに触れてゆきます。

※観劇の直後1,2週間後に個人的に書いていた文章を、公開するブログ向けに修正したので、わかりづらい部分があったら申し訳ございません。

アーティスト・KREVAさんのヒップホップミュージックと演劇が融合したこの作品。程嶋さんは劇中、3本のストーリーが展開されますが、その中の3話目の話、室町時代の鬼と人のお話に出演しています。

続きを読む
広告を非表示にする

ムシとミミズ (後編) ~ 魔〜エクリップス〜蝕 / ヒュウガノココロ ~

今回は前回に引き続き、2014年に上演された、
「魔〜エクリップス〜蝕(R:MIXさん)」
そして
「 (劇団ジャングルベル・シアターさん)」
で演じた程嶋しづマさんの役どころについて触れさせていただきます。

エクリップスではアランという特殊な能力を持つ青年の役、ヒュウガノココロでは清水恵一さんという芸能マネージャーの青年の役を演じておられます。 

前半部分までに関してのアラン・および清水さんの詳細に関しては前回記事をご覧くださいませ。

e-b.hatenablog.com

そして、後編では、前篇では臆病などとやや罵り気味に書いてしまった(申し訳ありません…)アラン・清水さんが選んだ道・生きざまについて触れます。

▼▽warning!!▽▼  この後は舞台終盤・結末までのネタバレを含むため該当箇所は文字色を変えております!今後DVDなどでご覧になる予定がある方、再演の機会がある際に情報がない状態でご覧になりたい方はご注意ください!!

続きを読む
広告を非表示にする

ムシとミミズ (前編) ~ 魔〜エクリップス〜蝕 / ヒュウガノココロ ~

今回は2014年に上演された、
「魔〜エクリップス〜蝕(R:MIXさん)」
そして
「ヒュウガノココロ (劇団ジャングルベル・シアターさん)」
で演じた程嶋しづマさんの役どころについて触れたいと思います。

エクリップスではアランという特殊な能力を持つ青年の役、ヒュウガノココロでは清水恵一さんという芸能マネージャーの青年の役を演じておられます。

※どちらも相変わらず抽象的な書き方が多いのですが、今回は前回、前々回より踏み込んでネタバレをしているので、これからDVDをご覧になるご予定のある方、ストーリーを知りたくない方は以下はお読みにならないようお願いします。

※当初はひとつの記事でしたが、構成の都合により改訂の際に前後編に変更いたしました。とくに後編に関しては完全に中盤~終盤のネタバレを含みますので、これからDVD他でご覧になる方は後編の文字色が変わるネタバレ該当箇所に関してはご覧にならないようお願いいたします!

続きを読む
広告を非表示にする

ソラにツキ ~ 悟らずの空(初演) / 天満月のネコ ~

前回、劇団ジャングルベル・シアター(以下ジャンベル)さんの舞台に程嶋しづマさんがご出演し、多種多様な役で…と書き、ジャンベルさんでは6作品に出演しておられますが、今回は主役を演じた

2011年上演「悟らずの空」
2013年上演「天満月のネコ」

について触れたいと思います。

DVDがジャンベルさんのWebでも販売されており、機会があれば是非ご覧いただきたいので極力抑えてはいるものの、若干のネタバレも含みますので御注意を。

続きを読む
広告を非表示にする

オトナのオトコ ~ おとぎ夜話〜特別編〜(大黒天) / 他2作 ~

少し前になりますが程嶋しづマさんご出演の舞台を観劇に。

劇団ジャングルベル・シアターさんの舞台に程嶋さんが出演されるのはこれで6回目で、近年では客演の常連となっている?程嶋さんですが、毎回、ジャングルベル・シアターさんの素敵な世界観の中、多種多様の役を演じられています。

前回の同劇団の「ヒュウガノココロ」では俳優のマネージャー(兼アイドルオタク、植物に精通)の役で、如何にも頼りない風貌や話し方、「その手の人」にありがちな雰囲気や特徴を出しつつも(普段の二枚目はどこへ!)、後半、大きく成長する姿を素晴らしい演技で描き、今までなかった役柄で、あらためて彼の役幅の広さに驚かされました。

この後は「おとぎ夜話〜特別編〜(大黒天チームにご出演されました)」のネタバレを含みますので、今後何らかの媒体で観劇のご予定がある方はご注意を。

続きを読む
広告を非表示にする