読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

etoile brillante

2017.3.21 記事(番組観覧の件)追加&概要に追記 3.22(お知らせ)追加いたしました。

ムシとミミズ (前編) ~ 魔〜エクリップス〜蝕 / ヒュウガノココロ ~

今回は2014年に上演された、
「魔〜エクリップス〜蝕(R:MIXさん)」
そして
「ヒュウガノココロ (劇団ジャングルベル・シアターさん)」
で演じた程嶋しづマさんの役どころについて触れたいと思います。

エクリップスではアランという特殊な能力を持つ青年の役、ヒュウガノココロでは清水恵一さんという芸能マネージャーの青年の役を演じておられます。

※どちらも相変わらず抽象的な書き方が多いのですが、今回は前回、前々回より踏み込んでネタバレをしているので、これからDVDをご覧になるご予定のある方、ストーリーを知りたくない方は以下はお読みにならないようお願いします。

※当初はひとつの記事でしたが、構成の都合により改訂の際に前後編に変更いたしました。とくに後編に関しては完全に中盤~終盤のネタバレを含みますので、これからDVD他でご覧になる方は後編の文字色が変わるネタバレ該当箇所に関してはご覧にならないようお願いいたします!

まず、役に関しての詳細は表をご覧ください(ガラケーの方は見辛いかもしれません!…ごめんなさい)

 f:id:sionihc:20150523222503p:plain

外見や声については王道と変化球で完全に真逆で、とくに、前回の記事で清水さんに対して今までの程嶋さんとはガラッと違う!と書いていたのはこのような感じだったからなのです。完全に「その手」の人の雰囲気を醸し出していて劇場で観た時は変身っぷりにびっくり!

 一見外見的には真逆、設定も違うこの二役ですが、この二役を今回同じ項目で書かせていただいているのは重要な共通項、見どころがあるからです。(それに関しては後編でおいおい書かせていただきます)

 初めはアランは素晴らしい能力や高い戦闘力を持ちながらも、臆病かつどこか自信が持てていなくて、精神的にかなり未熟、仲間と比べても一番不安定な感じでいっぱいいっぱいで…。仲間から叱咤(という名の発破かけ)をされたり、敵からもその臆病さを弱点とみなされ、どこか見くびられている節がありました。全体的に姿勢としては他のメンバーと比べて常に逃げ腰な点が目立ちました。
(ちょっと例えとしてはわかりづらく、不適当かもしれませんが、なんとなく、前半のアランはドラえもんの映画のスネ夫的な立ち位置であったかもしれません…筆者がドラえもんファンなのでそう思えたのかもしれませんが)

清水さんに関しても、当初は植物に関する知識を披露したりする見せ場があるものの、それ以上に要領の悪さや空気の読めない場面が目立ってしまっていたし、特に冒頭で顕著ですが、担当の俳優の理不尽な要求や、その他の場面でも謝ってばかりなど、(好きなこと以外では)自分の意見を言えない人であろうと想像させ、話し方や姿勢も手伝ってか、見ていて頼りなく心配になってしまう感じでした。
異世界から現世に帰りたいという姿勢はあるものの、戦うことに関してはやや逃げ腰というか少なくとも積極的でなく、状況に流されている場面が多かったように思います。

ですが…

そんな臆病な彼らが見せた変化・とった行動とは…?

後編に続きます!

e-b.hatenablog.com

広告を非表示にする